選び方と手入れの仕方|愛する人への素敵な贈り物|指元で輝く婚約指輪

愛する人への素敵な贈り物|指元で輝く婚約指輪

選び方と手入れの仕方

指輪

18Kが最適です

ゴールドの結婚指輪を選ぶ時、デザインやブランドのほかに重視したいものがあります。それがゴールドに含まれている金と銀と銅の割合です。実はジュエリーショップで売られているゴールドには、金以外の金属が混ざっているのです。限りなく純度の高い金のみで出来ているゴールドは24Kです。当然ながら輝きも美しいですし、値段もかなり高額になっています。結婚指輪にするなら純金の方がいいと思うかもしれませんが、そのままでは少し爪が触れるだけで傷がついてしまいます。ですから、銀と銅を少量加えて強度を高めて結婚指輪に適した金属に作りかえた18Kが最適なのです。これなら耐久度も申し分なく、デザインの幅も広がるので選択肢が広がります。

かんたんな手入れ

24Kだと純金なので変色しにくいのですが、銀と銅が加わった18Kのゴールドの結婚指輪は変色に気を付けなくてはいけません。ただ特別な手入れをする必要はなく、毎日はめた後に汚れをふき取る程度で充分です。ちなみに変色すると言っても、黄色やピンクが多少きつくなる程度で、そこまで大きく外見は変化しません。手入れの方法ですが、ぬるま湯に中性洗剤を少し溶かして洗うだけで構いません。特に皮脂汚れなどが目立つ場合は、古いものでもいいので歯ブラシを使います。18Kなら頑丈ですから、歯ブラシで軽くこすっても傷がつくことはないでしょう。もし汚れが気になったり、またコーティングしてもらいたい場合は、結婚指輪を買ったショップで対応可能です。